そもそも更年期障害とは?

手のひらの薬

多くの女性はもちろん、男性も悩まされている更年期障害。
テレビで取り扱われることも増えたため更年期障害を知っている人は多いと思いますが、どんな病気か詳しくご存知ですか?
デパスを手に取る前に、もう一度更年期障害についておさらいしておきましょう。

更年期障害というのはホルモンバランスが乱れることによって引き起こされる身体的、精神的な不調のことをいいます。
男性にも女性にも更年期と呼ばれる時期が存在し、女性では閉経前後の5年、平均的に45歳から55歳くらいまでの時期のことをいいます。
女性の場合、卵巣の働きが緩やかに終わりへと向かっていき、それに伴い女性ホルモンであるエストロゲンも一緒に減少していくのですが、下垂体は働きが悪くなった卵巣を活性化させようとします。
するとエストロゲンを大量に分泌させるために卵胞刺激ホルモンを大量に分泌させ、結果、ホルモンバランスが崩れて様々な不調を引き起こしてしまいます。

男性の場合は早い人で40歳くらいから始まり、最も多い年齢幅は女性と同じように45歳から50歳前後になります。
女性だとエストロゲンが減少していきますが男性の場合だとテストステロンが減少していき、やる気の著しい減退やうつ症状を生じる可能性があります。
また、心筋梗塞や脳梗塞のリスクやメタボリックシンドロームなどのリスクも高まるといわれています。

更年期障害の症状は身体ののぼせやほてり、大量の発汗、動悸や息切れ、冷え、血圧の変動などがあります。
また、症状が重なることもあり、顔はのぼせてほてっているけれど、腰や手足は冷えているといった症状が出ることもあります。
最近では30代くらいで更年期障害の症状が現れる若年性更年期障害もあるため、まだそこまで年を取っていないからと油断できない病気でもあります。